FC2ブログ

La dolce vita di Grigio con Chiaro(グリージョの甘~い生活・キアーロもいるよ〜)

☆イタリアングレーハウンドChiaro(キアーロ)のお気楽な日常と先住犬Grigio(グリージョ)の思い出など☆

01月« 2020年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » Chiaroの日常 » TITLE … 令和二年初平城宮跡と初の大和郡山城址

令和二年初平城宮跡と初の大和郡山城址

1月5日(日)曇り時々晴れ一時雨


お正月の間、実家へ行ったり家でゴロゴロしたりしてました。
キアーロは私達それぞれの実家で、甥っ子達に遊んでもらってそれなりに楽しかったようです。
私実家の甥っ子の小1男子はその無尽蔵のパワーで、キアーロを「もう寝たいでち」というところまで追い詰めました。
ダンナ実家の中2男子と小5男子はもう少し大人な対応でしたが、ずっと遊んでくれたので楽しかったようです。
そんなこんなでキアーロのホームの平城宮跡へやって来たのは5日になってからでした。


いつもは行かない朱雀門前まで行ってみた。
広場にはワンコも入れますが、建物内は入れません。これは敷地内の全ての建物がそうです。
広い空間があるので、凧揚げの親子連れが何組か来ていました。



****** ▼ 追記記事 ▼ ******

そのあと、ちょっと用事もあったので大和郡山へ行きました。
せっかくなのでお城へ行ってみました。


かつては太閤秀吉の弟の秀長公の居城で、その後も徳川譜代の大名が城主だったのでそれなりの規模だったようですが、天守に関する資料に乏しく、幻の天守とか言われていたそうですが、近年発掘調査で色々わかって来たようです。


再現された天守台に登ってみた。




大した高さではないようなのですが、眺望が素晴らしいです。
中程に見える古そうな建物は柳沢文庫です。実は私、これがお城の建物だと思っていました。お城の敷地内ではあるんですが、旧藩主だった柳沢家のお屋敷で、昭和時代に柳沢家及び郡山藩の資料館としてできたんだそうです。
他にもお城の敷地内には高校もあれば一般家屋もある~。
犬に関する注意書きも特になく、まぁ、生産物は持ち帰るように、くらいのもののようです。
春には桜が綺麗なようですよ。




野面積みの石垣
多分石垣マニアにはたまらないんでしょうね。
いろんな石を使い回している部分もあるそうで、逆さ地蔵が有名です。
こんなところに~ってな感じで使われています。


梵字のような模様が見えるので、どうやら墓石か仏塔のようです。




ところで、大和郡山は金魚の町。
街のあちこちにこんなプレートや




歩道のポール(?)の飾り(?)も金魚。




マンホールのフタも金魚でした。
夏には全国金魚すくい大会が開催されます。
街のあちこちには養魚池があります。


なんにしろ、キアーロ、初大和郡山でした。
因みにキアーロの実家へ福島県の郡山~。



テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう