FC2ブログ

La dolce vita di Grigio con Chiaro(グリージョの甘~い生活・キアーロもいるよ〜)

☆イタリアングレーハウンドChiaro(キアーロ)のお気楽な日常と先住犬Grigio(グリージョ)の思い出など☆

03月« 2020年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ChiaroとLucianoの日常 » TITLE … たった1日で

たった1日で

ウチへ来て1日経ったルチアーノ。


最初の印象とは違ってやんちゃ坊主です!



****** ▼ 追記記事 ▼ ******


なんか、キアーロの方が負けそうなくらいです。



そしてよく食べる!
これはキアーロが残したごはんです。自分の分は食べ終わって、キアーロの食べ残しまで食べちゃいました。



取られちゃったでち



残していたくせに、取られたら気になるらしい。


けどルチアーノ、一気に食べすぎたようで、この後すぐに吐き戻してしまいました。



しばらく大人しくしていてもらいたいけれど、一緒にしていたらいつまでも暴れているのでルチアーノだけサークルに入れたらキアーロの寝袋ベッドを引っ張って~



引っ張って~



無理だね~



やっと諦めました。
消化のためにしばらく強制ねんねです。
キアーロは既に寝ちゃいましたが、ルチアーノはパピーなのにあんまり寝ません。
まだ緊張しているのかもしれません。


この後動物病院へ行ってワクチン接種してきました。
前回接種からもう1ヶ月になるので、この2ー3日中に行かないといけなかったんです。
体重測定したら2kgちょうど。
キアーロが生後2ヶ月でやって来た時も2kgでしたがルチアーノは3ヶ月なのでやっぱり小さいです。
そして獣医さんからは「少し痩せているのでこまめに分けてもう少し食べさせてください。」と言われました。
確かに、キアーロが来たときはハムみたいな体型でくびれもありませんでしたが、ルチアーノはちょっとくびれがあってスレンダー。既にイタグレっぽい体型です。
そうか、パピーにしては痩せてるよね。うんうん。
一緒について行ったキアーロもついでに体重を測ってもらったら4.1kgで、ちょうどいい体格だって言われました。
2+4.1=6.1kgでグリージョ1頭よりまだ軽い~
グリージョ、最後には痩せちゃって6kg切りましたが、若くて筋肉パツパツの頃は6.7kgありましたし、その後も大体6.5kgでしたから、やっぱりデカグレでしたね。
キアーロはバッチリスタンダードサイズです。
最近は大きなイタグレが多過ぎるってブリーダーさんが嘆いていました。
ペットとして飼うなら少々大きくても耳が立っていても尻尾が曲がっていても可愛いウチのコには違いありませんが、その犬種を守るためにはブリーダーさんは拘らないといけないでしょうね。



ワクチン接種してちょっと安静にすべきなのにやっぱりガウガウ。



ガウガウ
キアーロ優勢に見えますが、ルチアーノも唸ってキアーロを追いかけまわしたりしています。
走り回っているところは素早すぎて撮れません。
ガウガウ激しくなると、いったんブレークさせます。
キアーロ、ところどころ赤くなっていて、パピーの鋭い歯で噛まれているようです。
キアーロも噛み付いていますが、一応手加減しているようで、キアーロのことをいつも「アホだ。アホだ。」と言っているダンナくんが「キアーロ賢いな~。えらいえらい!」とキアーロ賢い認定がなされました。
大体ダンナくんはグリージョのことも「アホだ」と言っていましたが、死んでから「グリージョは賢かったな~」っていつも言っています。
ルチアーノもそのうち賢くなるよ!
バカな犬はいない。バカな飼い主がいるだけだ。なんだから。



ルチアーノはおもちゃの楽しさも覚えたようで、マウントしてくるキアーロを無視しておもちゃに頭を突っ込んでいます。



今のところ仲がいいのかどうかよくわかりませんが、じゃてあっているうちに関係性が築かれていくのでしょう。



昨夜は上の写真に写っているぺったんこのカドラーベッド(グリージョが使っていたものです)を使いましたが、周りが囲まれている方が安心するかと思い、ドーム型のを買ってきました。
キアーロのサークルに入れているクレートを使おうと思ったんですが、ルチアーノのサークルは小さくて入りませんでした。
初め、ベッドの出入り口をトイレの方に向けていたら中に入らないので、こっちに向けたら入りました。
キアーロが見えて安心するのかな?


実はキアーロのサークルで一緒に過ごせればいいと思っていたんですが、ルチアーノはまだおチビで、体もしっかりしていないし、留守番の時にキアーロがのしかかって怪我をさせたら大変なので、もう少し大きくなるまでは別々にした方がいいとアドバイスされたのです。
確かにその通り~。
この小さいサークルは、私の父が病気でだった時に、しばらく実家に滞在していて、グリージョ用に買ったものなのでした。その後も実家に泊まった時に使ったりしていましたが、最近は使っていなかったので実家へ取りに行ってきました。
いつか2人仲良く寝られるようになったらいいな。
今は夜寝る時にキアーロはリビングフリーでルチアーノはサークル。
留守番の時はキアーロもサークルに入ります。
まだまだ何をするかわかりませんからね。
グリージョも数年間は夜と留守番はサークルでした。でも、そのうちオールフリーになりました。
2人で賢くお留守番して、私が帰ってきたらお出迎えしてくれるようになるかしら?
そのためにはバカな飼い主にならないようにしなくちゃね!



テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

お犬様は、賢い

犬ってこちらが思うよりずっと賢いと最近よく思います。
よーくこちらの表情や行動を見て判断してますよね。
誰にでも全力でアタックして行くドムですが
最近は、のんびりしているグリちゃんには行きません(笑)
昨日は、適度な距離を保ちつつ
ペガサスの柴の上で爆睡する始末(笑)

パピーと呼べる時期は
過ぎてしまえばほんと短いので
ご家族で存分に楽しんで下さい。

>あどBOSSさま

そうですね〜。いろいろわかっていますよね。
Dめおキアーロは手加減しているようですが、ちょっとイライラしているようでもあります。
なるべくキアーロをたててやらなくてはと思っています。

ドムくん賢いな〜。
キアーロともルチアーノとも遊べますね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう