La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 海外旅行 » TITLE … スモークサウナ(帰国後追記あり)

スモークサウナ(帰国後追記あり)

10月16日(水)概ね晴れ
フィンランドと言えばサウナ。
ホテルにも当然あります。
贅沢なところは部屋にサウナがあったりするようですが、ここは大浴場的に電気サウナがあります。(と言っても、満室の宿泊客がみんなやって来たら全然入れそうにない!だって2〜3人で一杯になりそうでしたもん。今回は独り占めでしたけど)
各部屋にはシャワーがあるのですが、なんの仕切りもシャワーカーテンもなくてなんだか使いづらいです。(しかもリンスはおろか、シャンプーも石鹸さえもなかった。ヨーロッパのホテルは大抵リンスがないので自前でシャンプーリンスは持って行く様にしていたので助かりました。でも石鹸さえないのにはびっくり。売店で売ってましたけどね。あ、大浴場サウナのシャワールームにはボディーシャンプーがありました。)
電気サウナとは別に週一回スモークサウナに入れます。
こちらスモークサウナ小屋(その向こうはジャクージと電気サウナの小屋。大浴場サウナとは別です。ここは一応spaと銘打ってあって、有料って書いてあります。で、スモークサウナも有料って書いてあるし、レセプションで料金払ってリストバンドを貰うことって書いてあるのでわざわざレセプションまで行ったのですが、そのまま行っていいよって言われました。spaエリアには誰も係員はいないし、宿泊客はもしかしたら無料で入れるのかもしれません。)


薪サウナと同じように薪を使うのですが、何か方式が違うらしいです。暖まるまでに6時間くらいかかるので、準備が大変みたいです。朝からおじさんが準備していました。
電気サウナよりじんわり暖まっていいですよ!と言われて入ってみました。
小屋の中は小さなLEDライトが仄かに灯っているだけで薄暗いのですが目が慣れてくれば大丈夫です。が!目にしみる~!!
燻されている気分です。
今日は特別なサウナなので入りに来ているお客さんも多く、みんな暑いサウナが好きみたいでサウナストーンに水をかけて暑くしています。
一応「かけていい?」って聞いてくれるんですが、ダメとも言えないしね~。


サウナ小屋は湖(この部分、25mプールと称されている)の目の前に建っていて、暖まれば湖で泳ぐ人もいます!w(°O°)w
話には聞いていましたが、実際に目撃しました!事実です!!
「大きく呼吸しながら入れば大丈夫!」と言われましたが、とても無理でした。
でも足だけは入りましたよ。
しかも外で涼んでるし…(´∀`)気温0℃位ですからね。
冬には湖は全面凍るので氷を割って入るそうです。今日は薄い氷が張ってましたね。
恐るべしサウナパワー!
そして体からは仄かに燻された香りがする…。
夜になってもあまり寒くなくて、そして燻製のような香りは続いていました。
やはり恐るべしサウナパワー!

追記(帰国後)
翌朝、湖がかなり大きく凍っていたので見に行きました。そうしたら、この25mプールとされている部分は温水を流しているのか水を循環させているのか、とにかくモーターでボコボコと水がわきたつ様になっていて、氷をとかしているみたいでした。それで真冬でもすぐに湖に入れるようにしてるんですね。
「呼吸が大事」と教えてくれた女性の子供達は足をつけたり、ちょっとだけ入ったりしてヒャー冷たい!という風にぱたぱた走っていましたから、冷たい湖に入るのも年の功、と言ったところでしょうか。
ちなみにジャクージは、日本人的にはちょっとぬるいです。でもサウナのあとに暑いお風呂には入りにくいから、丁度いいのかな?子供達は水中眼鏡までつけて泳いでましたけどね。

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう