La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 海外旅行 » TITLE … ドゥカーレ宮殿

ドゥカーレ宮殿

9月17日(水)晴れ

今日はドゥカーレ宮殿のシークレットツアーに参加しました。

見学入り口は岸壁側ですが、出口になっている左側のところが本来の正面玄関だそうです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

シークレットツアーとは、ドゥカーレ宮殿の普通では入れない裏の部分に行けるツアーです。通常は表の華やかな部分だけなのですが、このツアーに参加すると事務官の執務室や拷問部屋なんかも見られるのです。
本日はなんと、私達だけ!
通常、オフィシャルにイタリア語ツアーと英語ツアーが開催されているのですが、ツアー会社に申し込んで、日本語ガイド付きにしました。
これはイタリア語ツアーに通訳さんと一緒に参加するという形なので、その分当然高いのですが、英語ツアーだとわからないことも多いので、日本語でわかりやすく説明して貰ったのでよかったです。
で、今回同行して貰ったのは現地在住のベテラン日本人ガイドさんで、イタリア人のガイドなしでも詳しく説明してくれました。そして、私達の質問でわからないことがあったらイタリア人ガイドさんに聞いてくれました。
けれど、イタリア人のお客もいなくて、全く二人だけというのは珍しいそうです。

こちらドゥカーレ宮殿の内側の外観
最上階は丸窓の部分で、その下の窓は一階分に見えますが実は二階分になっています。
事務室なので天井は低くていいけれど、外観を良くするために工夫したようです。
天井は低いと言っても、日本家屋では普通の高さです。つまり豪華な下の部屋の天井が二階分あるくらい高いのです。

シークレットツアー中の写真は、モバイル用のは撮り忘れました(^_^;)


こちら、通常見学でも入れる華やかな表の部分の大評議の間にあるティントレットの天国です。
天国は随分人が多いんだな~、なんて、全く芸術性のない感想を持ったりなんかしました(^_^;)

大評議の間の奥から、溜息橋を通って新牢獄へ行けます。

ドゥカーレ宮殿で裁判が行われ、この橋を囚人が溜息をつきながら通ったので溜息橋と言うそうです。
その溜息橋から囚人も見たであろう景色です。が、多勢の観光客が写真を撮っていました。
外観は非常に優美な橋なのですが、この先はしっかり牢屋でした!
もともと牢獄はドゥカーレ宮殿の地下にあり、それが天井裏の様な所になり、さらに手狭になったために隣に増築したんだそうです。
先程のシークレットツアーでは、旧牢獄を見たのでした。

対外的に権威を示すために、表の部分はこれでもか!というくらい絢爛豪華なドゥカーレ宮殿ですが、裏は質素な感じで、ヴェネツィア人の合理性が感じられました。

テーマ:★イタリア旅行★ - ジャンル:旅行

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう