La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 古都の秋~その2~奈良BLOGTOP » 関西観光(京都以外) » TITLE … 古都の秋~その2~奈良

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都の秋~その2~奈良

11月22日(日)晴れ
またもや遅れ遅れのブログです。
秋の3連休中日、奈良へ行ってきました。

東大寺大仏池
紅葉が綺麗だと聞いてきてみましたが、ちょっとイマイチ?

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


でも、池に映っている様子はなかなか綺麗で、写真撮影やスケッチの人もいました。


この辺りはシカが多くて、シカせんべいで呼び寄せている人もいて、奈良らしい景色です。


去っていくシカさん達の白いお尻がちょっとハート型♡


ところどころに綺麗に色づいている木もありますので、気象条件のいい年の見頃の時期ならなかなか見事かもしれません。


あのデッカい建物はなんでちか?
はい、東大寺大仏殿です。
せっかくここまで来たので、参拝して行くことにしました。


太っ腹な東大寺さんはワンコ入場可です!
ただし、歩かせないでくださいということで、抱っこで入場。


多分10数年振りのご対面の大仏さま
宇宙の真理を全ての人に照らし悟りに導く仏、盧舎那仏ということですが、密教でいう大日如来も同じ概念の仏様のようです。
しかし、1300年位前に、こんな大きなものをよくぞ作ったものです。


グリージョも一緒に撮影しようとしましたが、うまくいきませんでした。

大仏殿の中はさすがに多くの観光客がいて、柱くぐりには行列していました。
柱くぐり
大仏殿の柱の一つに穴が開いていて、大仏さまの鼻の穴と同じ大きさだそうです。
これを潜り抜けると無病息災だかのご利益があるとか。
もともと、鬼門に当たる場所に穴を開けて邪気を通したということなのですが、いつの間にか建物の邪気と一緒に人間の邪気も祓えるってことになったんですかね。
確か子供の頃に潜ったような気がしますが、あんな狭い穴、今通ろうと思っても、私もダンナくんもどこかが引っかかって二進も三進も行かなくなるんじゃないかと思います。
で、わざわざ行列してチャレンジすることもないな、と思ってスルーしましたが、外国人の大人も並んでいました。
あれ、通れるんですかね~?
グリージョなら楽勝だと思いますが、怖がって潜らない可能性が…(^_^;)
しかし、昔の人は小柄だったんでしょうね。

大仏殿を出ると

あちこちでシカさんと遭遇。
なんとなく目を合わせない~。

ところがばったり遭遇し

しばらく見合っていましたが、シカさんの方から去って行きました。
そしたらグリージョの奴「オレが撃退したんでち!勝ったでち!オレ、強いんでち!」てな感じで大威張りなのでした( ^ω^ )
人間には人懐こくというかしつこく寄ってきて、シカせんべいどころか何かしら食べ物を奪おうと襲ってくることもあるシカですが、犬に対しては何か思うところがあるのでしょうか?
敢えて近寄っては来ないようです。
ま、その気になればグリージョよりも絶対シカの方が強い!
多分私達よりも強いから、その気になられても困るんですが(^_^;)

この後お昼を食べにどこへ行こう?ということになり、天理の彩華ラーメンに行くことにしました。
まずは本店を目指したんですが、あまりに大勢並んでいたので田原本店へ移動。
同様に移動してくる人多数でしたが、すぐに店内へ入れました。
あ、グリージョは車でお留守番です。
彩華ラーメン、予想はしてたんですが、やっぱり炒めた白菜が油っこくて、その上ダンナくんは中に揚げ餃子まで入れてるし、若い頃は良かったんだけどね~ってな感じでした。

天理では銀杏並木が有名なんですが、まだちょっと色付き不足。
で、紅葉で有名だという長岳寺へ行ってみました。
長岳寺の参拝客用駐車場は満車で行列していたので、警備員さんに別の駐車場へ誘導されました。
そっちはギリギリ入れましたが、ほぼ満車状態でした。
意外と人が多くてびっくりぽんです。


長岳寺もワンコ入場問題なし!
ブラボー、奈良のお寺!
ですが、紅葉はイマイチでした。


ところどころに綺麗に色づいている木があるので、もっといい年なら良かったかも。
今年は暖かかったのでなかなか紅葉が進まず、急に寒くなって綺麗に色付かずに茶色くなって散ってしまう、という紅葉には向かない気象条件だったようですね。
残念ですが、仕方ありません。

長岳寺の近くには柳本古墳群があります。
その一つの行燈山古墳、崇神天皇陵とされています。

写真では分かりにくいですが、右側のこんもりお山が古墳です。
前方後円墳ですが、帆立貝型という説もあるらしい。
帆立貝型って、かなり古いタイプ?
で、崇神天皇って?と思ったので調べてみました。
崇神天皇:第10代天皇って、ほとんど神代?
でも、実在可能性が見込める初めての天皇だそうです。
3世紀から4世紀初め頃の大王だと思われ、邪馬台国畿内説だと卑弥呼の弟だとか、九州説だと邪馬台国と敵対した大和政権の王だとか言われているようですが、推定没年にもかなりの開きがあるし、記紀の記録によると没年齢も120歳とか168歳とか?って、やっぱり神代やん!

邪馬台国は実在したとされていますがどこにあったかもわからない伝説的な国。
それと同時代ですからね。
でも、それ以前の天皇に関しては記紀の記述がほとんどなく、欠史8代と言われていますが、崇神天皇に関しては具体的な記述が多くあるので、実在人物と思われるようです。

お堀の周りをお散歩。
左の方に遥拝所がありますが、これは後世に作られたものだそう。
倍塚もある大王の墓に相応しい立派なお墓です。

倍塚と言えば、近くの国道沿いの看板に、国道建設時に半分に削っちゃった古墳について書かれていました。
これも崇神天皇陵の倍塚とされていますが、古墳だってわかってて削っちゃったんですね。
高度成長期って…(^_^;)
まぁ今でこそ古いものを保存していこうという機運が高まっていますが、新しいものをどんどん作ろうという時代があってのことなのかもしれませんね。

紅葉はちょっと残念な感じでしたが、奈良はやっぱり歴史に想いを馳せられるのんびりした町です。


テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。