La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » 京都観光 » TITLE … 古都の秋~その4~洛西~

古都の秋~その4~洛西~

12月13日(日)曇り

もう初冬かとは思うんですが、暖かい日が続いています。
でも、そろそろあちこち空いているんじゃないかと思って、名残の紅葉を見に行きました。
駐車場から参道を上がっていくと(こっちは表参道ではないんですが)

紅葉の回廊

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


光明寺さんです。

西山浄土宗の総本山 光明寺は、平家物語で有名な熊谷次郎直実が法然上人に弟子入りして、蓮生法師となり、上人の所縁の地に上人を第一世、自らは第二世として作ったお寺です。当初は念仏三昧院という寺号でした。
後、迫害されて亡くなった法然ですが、その遺体は別の地に葬られていました。ある時その棺から光が発して、洛西地を指したので、遺体を移して御廟を作り、寺号を光明寺とした。ということです。


もう終わりかけの紅葉でしたが


人も少なめでのんびりできました。

特に入山料はありませんでしたが、紅葉シーズンは有料とのこと。
それから、特に咎められなかったので入っちゃいましたが、FAQを見ていたら、ペット禁止とのことです(゚д゚lll)

ありゃりゃ…

でも気をとりなおして(って、この時はいい調子でしたが)次へ行きました。


善峯寺です。
こちらは入山料を支払いして、その時にちゃんと犬OKと言っていただきました!

平安中期開山の善峯寺は天台宗のお寺です。
時代は下って江戸時代、ある夫婦がこちらの薬師如来にお参りして女の子を授かり、その子が五代将軍綱吉の生母(桂昌院)となったことで、この薬師如来は出世薬師と呼ばれました。
そういうわけでお寺は桂昌院の庇護を受け、応仁の乱で荒廃していましたが復興したみたいです。
あ、ご本尊は千手観音菩薩なんですけどね。
皇室とも縁があり、青蓮院門跡から入山した親王方の御廟もありますが、明治期にその筋の命でご遺骨は泉涌寺に移されたそうです。今でも法要はしているみたいですけどね。


ご本尊の安置されている観音堂
ワンコはダメだろうと思われたので、交代でお参りしました。


天然記念物の遊龍の松

樹齢600年以上、長さ37mだそうですが、平成6年にマツクイムシの被害に遭い、50m程あったのを切ったそうです。
てことは、以前に見た時はもっと長かったのね。

お寺は山腹にあり、山を登るように境内地が広がっています。

ところどころ眺めが良くて、京都市内を望めます。


紅葉もまだありましたよ。


お庭


親王廟への道


多宝塔

矢印に従って回る回遊式庭園ということですが、順路は若干分かりにくい。
なぜか、数字通りには行けませんでした。
もっとも、かなり山ですので、この上はいいやって省いちゃったりもしました(^_^;)
桂昌院により寄進されたお堂が多いようです。

ここも紅葉最盛期には混雑するんでしょうが、終わりかけなので空いていました。
景色もいいのでお勧めですが、車がないと行くのは辛いかも。
一応バスはありますがね。
因みに光明寺は長岡京市で、善峯寺は京都市西京区です。


テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう