La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 関西観光(京都以外) » TITLE … 宮跡ハンターグリージョ

宮跡ハンターグリージョ

3月19日(日)晴れ

そう言えば滋賀県には大津宮の他にもう一カ所宮って言われるところがあるよね。
ってことで行ってきました。

紫香楽宮!
本当は昨日行きたかったんですが、案外遅くなったのでやめました。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


立派な碑の建っているここは大正時代に国指定の史跡になりました。
紫香楽宮は聖武天皇が離宮のような感じで作ったみたいですが、ここで大仏建立の詔を発したとかで、大仏殿を作り始めていたようです。
で、ここの遺構を詳しく調べたところ、宮跡ではなくお寺の跡だとわかったようです!
なので、紫香楽宮跡ではなくて、(推定)甲賀寺跡だそうです。


階段を上ると


小さなお社がありました。
でもね~、大仏殿を作ろうとしていた割には東大寺に比べたら遺構が小さいらしく、どういうお寺だったのかはっきりしていないようであります。
結局聖武天皇はまた平城京へ戻って、東大寺に大仏を作ったんですけどね。

ところで、本当の宮跡はどこなんだ!ってことで移動。

田んぼ~
宮跡こっちって書いてあったんですが何にもな~い!


畦道ちゃうのん!というような軽トラしか走らなそうな道を通って地区の集会場のような建物に辿り着くと


信楽焼のタヌキさんがお出迎え。


やっぱりどうもその辺りが宮跡の様なのでした。


何にもないでちね。
でも、オレの足跡を残せたでちよ。

この後どうしようか?ということになり、恭仁京案外近いのでは?ってことで行ってみました。

恭仁京は京都府南部の加茂町の木津川の近くにあります。
実は去年すでに行ったことがあったのですが、ブログにアップしてなかったので再度行きました~。

百人一首にある「瓶原わきて流るる泉川~」の瓶原がこの辺りで、泉川とは木津川のことだったのですね!


大極殿跡は小さな広場で、たまに観光客らしき人(私たちもそうですね)がやって来ます。


恭仁京はこれまた聖武天皇が平城京から遷都しましたが、結局5年くらいで元の平城京へ戻っています。


跡地が山城国国分寺として利用された様です。


大きな礎石ですから、かなり立派な塔が建っていたのでしょうね。
こちらはやや広い広場で、地元の子供達の遊び場の様です。
もちろん、ワンコ散歩も!


オレも歴史に思いを馳せるでちよ。

テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう