La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 京都観光 » TITLE … 都の春

都の春

4月30日(日)晴れ

ゴールデンウィークですがどこへも行けないグリージョ家。
近場でウロウロしています。

特別公開中らしいので行ってみました。
正伝永源院
建仁寺さんの塔頭の1つです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******


お庭は撮影可だったのでお庭の写真ばっかりなんですが


元は正伝院と永源庵という二つのお寺だったのが、明治の廃仏棄釈で一つになったそうです。


当時住職がいなかった永源庵が廃寺になったところに、少し離れた場所にあった正伝院が移って来ました。
建仁寺の真北で堂宇の取り壊しを免れたそうですが、方位が関係しているのでしょうか?


ともあれ、織田有楽斎ゆかりの正伝院と細川家ゆかりの永源庵。
永源の名前がなくなるのを時の細川侯爵が憂えたので名前が残ったとか。
今でも細川元首相の描いた襖絵とかありました。

連休の喧騒が嘘のように静かなお寺でした。


出かけてきたのはお昼過ぎ。
去年の土用の丑の日には長蛇の列で断念した鰻屋さんへ行きました。


名物のう桶
三人前らしいのですが、2人で食べちゃいました。
美味しかったです!
店員さんが日本語ペラペラの外人さんだったり面白い店ですが、座敷は予約でいっぱいみたいです。

腹ごしらえも済んだので

ナンダカンダと通りかかるばかりで入ったことのなかった建仁寺さんへ行ってみました。


龍の天井画
なんだかユーモラスな感じがします。


襖絵も龍


こっちはちょっと怖そう?


この縞模様、きれいに整えるのは案外難しいそうですね。


なんとなく小鳥が可愛かった


現代の襖絵もあります。


青がとても鮮やかでした。


ここで寝転ぶ人、いるのか?
確かに居心地は良かったです。


有名な風神雷神図屏風は残念ながら複製です。
建仁寺さん、子供の頃はここで犬の散歩をしている人を見かけたことがあるんですが、今は犬の散歩禁止と明記してあります。
でも自転車に乗せて通り抜けてる人を見かけたので、抱っこしてれば大丈夫かも?
しかし聞いていませんが、拝観に連れて行くのはおそらくNGだと思われます。

ワンコ不可っぽいのでダンナくんは「小っちゃい寺や!」とか言ってたのですが、今回行ってみて、案外気に入ったようです。


その後、祇園甲部歌舞練場の庭園特別公開へ行きました。


舞妓ちゃん達のミニ舞台も見られました。


お庭の散策もできましたよ。


歌舞練場本館は耐震工事のために閉館中で、都をどりも他所で開催。
けど、めっちゃ京都観光な1日でした。
グリージョはお留守番でしたけどね~。

てことで、グリージョなしのグリージョブログでした。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう