La dolce vita di Grigio (グリージョの甘~い生活)

~☆イタリアングレーハウンドGrigio(グリージョ)のお気楽な日常☆~

06月« 2018年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 健康 » TITLE … グリージョの病気~その1~

グリージョの病気~その1~

フェイスブックには書いているので既にご存知の方も多いと思いますが、やはりブログにも残しておこうと思い、書くことにしました。
グリージョ、現在闘病中です。

最初に異変に気付いたのは8月22日の夜。
珍しくごはんを食べなかったのです。
昔は割とムラ食いでしたが、数年前に今のフード(2種類のミックス)に変えてから残すことはほぼなかったのに。
よく見ると呼吸数が多く、普段の倍くらいの速さです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

はぁはぁ苦しそうなことはありませんが呼吸数も速かったので獣医さんへ行ってきました。
胆泥があるので胆道系の炎症が心配だったのですが、採血と腹部エコーの結果、肝胆膵、腎臓などの病気は否定的(胆泥は相変わらず)、白血球数が16800でCRPが12と上昇していて、何らかの感染症でしょう。吐き下痢ないけど食欲ないから胃腸炎かも?ってことで、抗生剤や胃薬注射をしてもらって帰ってきました。


注射はめちゃ痛かったみたいで、ひゃーひゃーないてました!


帰ってからしばらく寝ていましたが、ヨーグルトを喜んで食べてました。
朝はいらんって言ってたので、ちょっと良くなってきたかも?

そして翌日

普段通り食べていました。

なので普段通り

散歩に行ったり、遊びに行ったりしていました。

9月13日
いつものように獣医さんへ行って

ウィペットのクレアちゃんと初めまして~したりしていたのですが、前回数値がかなり高かったので再検査をしておきましょうということになり、再検査の結果、白血球は9810と正常化していましたが、CRPが4.05と低下したもののまだ高かったのです。


うーん、一体どうしちゃったのか?
まあやっぱり胃腸炎かしら?ということで、抗生物質(セフォクリア)と胃腸薬をいただいて帰ってきました。


この間も散歩に行ったりしていました。

ところが1週間後の9月20日

なかなか炎症反応が正常化しません。




レントゲンでははっきりした影はありませんが、強いて言えば気管の下、心臓の前辺りに丸い影があるみたい。でも、色々と重なっている場所なのでなんでもないかも?ということで、食欲不振が続いているのでやはり胃腸炎だろうかということになりました。
食事も以前のようには食べず、薬もきちんと入っていないかもしれないということで、注射薬の抗生物質を使いました。
なんと、1回の注射で2週間効果が持続するというコンベニアという薬です。

9月23日

古墳ハンターのグリージョ、仁明天皇稜に行ってきました。
住宅街の中にある小さな御陵です。

ところが9月25日

呼吸数が1分間に50回くらいと非常に速く、食欲はますます低下。
おかしな咳はしているし、明らかに具合が悪くなってきたので翌日病院へ行きました。

9月26日

体が熱いと思っていたら40℃の熱があり、血液検査でも白血球17040、好中球14580、CRP20と上昇し




胸部レントゲンでも前回はなかったけどもしかして肺炎?というように影があり、やっぱり感染症だろうかということになりました。
ダンナも病院に合流して、2人で説明を聞いてきました。
ネブライザーをしたらフーフーいっていた鼻息が普通になり、消炎剤と抗生剤の注射をして帰ってきて1時間くらい寝ていたら、ゴハンを食べました!(いつもと違って缶詰めですけど)


さらに、何かいいものないかと物色中。
あんなにぐったりしていたのにビックリです!
解熱して元気が出たんだと思うけど、抗生剤もエンロクリアというニューキノロン系のが処方されたし、これで良くなってくれたらいいなーと思っておりました。

そして

ずっと使っていたイタグレの携帯ストラップが壊れました!
まあ、私が踏んじゃったのが原因なんですけど…。
グリージョの身代わりだと信じたい!

9月27日

いつものフードは食べませんが、グルメそうな缶詰を食べました。
まだ少し呼吸が苦しそうなので、動物病院でネブライザーもしてもらってきました。
薬も色々工夫すれば騙されてのんでくれていました。

9月28日

朝ごはんは食べたし、私が帰宅した時にはゆっくりだけど玄関まで出迎えに来てくれました。
良くなっているのかと思いましたが晩ごはんは食べないし、鶏レバーの炊いたんも臭いを嗅ぐだけ。
昨日は喜んで食べたんですけどね~。
呼吸も苦しそうだし、また熱が上がっているのかな?
ただ、呼吸が苦しそうと言っても、ハァハァ口呼吸する程ではないので、獣医さんにはあまり苦しそうに見えないみたいです。

9月29日

ごはんは食べませんが、プリンは食べました。
薬はすり潰して口の中になすりつけました。
病院へ行って、食事がとれていないので皮下点滴をしてもらいました。
夜、抱き上げようとしたら痛がるし、どうしたのかと思ったら
9月30日

胸のあたりが真っ赤になっていました。
どうも点滴の液で炎症を起こしたようでした。
お友達のウィペットのマロくんも皮下点滴した時には同じようになったそうです。
サイトハウンドは皮膚が薄いので要注意みたいです。

実は私達はこの日からモロッコへ旅行に行く予定をたてていました。
けれど、グリージョの具合が良くないため、27日にキャンセルしました。
旅行はまた行けるだろうけれど、もしも旅行中にグリージョに万一のことがあったら悔やんでも悔やみきれませんし、こんな状態で行ってもとても楽しめないと思ったからです。
すると重なる時にはいろいろなことが重なるもので、母の具合が悪そうだから見に行ってくれと弟から連絡がありました。
母には旅行に行くと言っていましたので、見に行くと驚いていましたが、近くの医院に連れて行って点滴をしてもらったりして、数日で良くなりました。

長くなってきたので、一旦中断します。
つづく



テーマ:イタリアングレイハウンド - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

NO TITLE

心配です。
先輩、元気になってください。
原因がはっきりしないのは余計心配します。

又遊んで欲しいから。

>porinさま

ご心配おかけしてすみません。
答えは後日わかります。
あまり喜ばしくはないんですが・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう